ココロモチ、PSO2

ファンタシースターオンライン2(PSO2)で活動するマイキャラをゆるゆる眺めるブログです。

メイクパターン適当にまとめメイクパターン適当にまとめ インナーウェア適当にまとめインナーウェア適当にまとめ リボン・シニヨン(頭部アクセサリー)適当にまとめリボン シニヨン適当にまとめ カチューシャ・ヘアバンド(頭部アクセサリー)適当にまとめカチューシャ ヘアバンド適当にまとめ コサージュ・花飾り(頭部アクセサリー)適当にまとめコサージュ 花飾り適当にまとめ イヤリング・ピアス<br />適当にまとめイヤリング ピアス適当にまとめ メガネ・サングラス・ゴーグル適当にまとめメガネ サングラス ゴーグル適当にまとめ 眼帯・アイパッチ・目隠し適当にまとめ眼帯 アイパッチ 目隠し適当にまとめ タイツ・ストッキング・ソックス適当にまとめタイツ ストッキング ソックス適当にまとめ

この1か月半はクーナLiveを見て予告緊急へ行き、造龍でぎゅうにゅうたんのLV上げに勤しみと健全なアークス活動でした。
クーナLive
新アドバンスクエと新EXクエが始まる前にBrとHuの両方をLv65にできたので、あとはノンビリと新クエを楽しむ予定です。
昨日のニコ生で瞬間的に新カタナが見えたので明日からに期待しつつ、でも、激レアなんて型落ちしてLVキャップが上がるまで縁が無いのかなあぁとか思ってみたり。

PSO2でのMobドロップはMobのLv5ごとに○○が抽選されると決まっていて、例えば、

Lv65のMobを倒したときには、

1.そのMobがLv1-Lv5ならば、□□というレアを抽選
2.そのMobがLv6-Lv10ならば、1.の抽選の後で△△というレアを抽選

13.そのMobがLv60-65だったら、1.~12.の抽選の後で○○というレアを抽選

という抽選を下から(もしくは上から?)行っていく方式らしく(実際にはLv1~Lv10までは○○みたいにいくつかのグループに分けてられてあるそうです:wikiより)、Lv60-65の枠しか存在しないレア○○も、やがて、LVキャップ70のときには、

14.そのMobがLv65-70だったら、1.~13.の抽選の後で○○というレアを抽選

という抽選が追加されて、上記Lv65までの抽選と合わせて2回抽選され、結果、出やすくなるわけですね。
ただし、その出やすくなったころには旧時代のレアになっているわけです()涙

そんなことをマイルームに座り込んで考えて・・・いるわけでもありません。
PSO2
レアなんて出るときには出るし、出ないときは出ない。

良い時もあれば、悪い時もあるよね。

てなスタンスでノンビリとPSO2を楽しむのです。

アークス共闘祭イベント期間に行われた期間限定クエ“造龍来たる魔の海域”も今日で終わりということで海を見に行ってきました。

PSO2のフィルードで、水や海を再現した海岸や海底は雰囲気も良くお気に入りの風景です。
この造龍では比較的短時間で経験値を多くもらえる+1500ポイント制で、いつまでもダラダラとやることもなく楽しめました。
中身のMob湧きやシステムはそのままでいいから、出現ボスや風景だけを変更して定期的にこういう期間限定クエをやってほしいですね。
pso20140303_181121_025
で、

で、

海と言えば水着ですよね。
リアルではまだコートをしまい込むまでにはいかない寒い日が続きますが、

(コスチューム : ビキニスイムウェア雪) ↓クリックすると大きな画像を表示できます。
ビキニスイムウェア雪

うん。

もし、胸の輪郭のポリゴン頂点数をせめて2倍に増やしてくれたなら、ずっと水着でプレイする()鼻血

デジ・イチってオートフォーカスに弱フラッシュで本当に便利なのですが、背景を少しぼかしたり、ピントの位置をずらしたりができないので、最新携帯カメラ程度の機能で良いのでスーパーデジ・イチとか作ってくれな・・・わけないですね。

室内だと室内光源+追加のルームライト4つで昼夜関係なくそれなりに撮れてしまうわけですが、いわゆる“ベランダ”では環境光=太陽の光によってキャラの写り方が変化します。

そして、その天候にも雨があったり曇り空があったりと様々で、なかなか思ったとおりにはいきません。
今回、適当にスクショを撮りつつ見ていたのですが、リアル時間の60分ほどで24時間の天候変化となっているようです。
撮影タイミング1

撮影タイミング2
PSO2では太陽は東から西への右方向ではなく、西?から東?への左方向へ移動します。

ベランダで”夜間撮影”ではない普通のポートレートを撮ろうと思うと、どうやら日の出~午前が、やや平面的ですが綺麗に撮りやすいようです。
これは明け方から午前の早い時間にかけて撮ったうちの一枚。

(コスチューム : ユウビキナガシ紅) ↓クリックすると大きな画像を表示できます。
ユウビキナガシ紅
午後から夕方にかけて、光の焦点は写真上部から下へ移動していき明るい部分が画面中央から下となってしまい見る人の視線が顔面から逸れてしまうので、このくらいのアップで撮るときは光源が上部にあたる午前中が良いようです。

ただし、やはり太陽光が明るいほうが陰影を綺麗につけやすいので、アングルやポーズを変えるなどで良い写真がとれそうです。

さらに、当然ですがグラボによっても描画が違ってきます。それはまた次の機会に。

↑このページのトップヘ