ココロモチ、PSO2

ファンタシースターオンライン2(PSO2)で活動するマイキャラをゆるゆる眺めるブログです。

メイクパターン適当にまとめメイクパターン適当にまとめ インナーウェア適当にまとめインナーウェア適当にまとめ リボン・シニヨン(頭部アクセサリー)適当にまとめリボン シニヨン適当にまとめ カチューシャ・ヘアバンド(頭部アクセサリー)適当にまとめカチューシャ ヘアバンド適当にまとめ コサージュ・花飾り(頭部アクセサリー)適当にまとめコサージュ 花飾り適当にまとめ イヤリング・ピアス<br />適当にまとめイヤリング ピアス適当にまとめ メガネ・サングラス・ゴーグル適当にまとめメガネ サングラス ゴーグル適当にまとめ 眼帯・アイパッチ・目隠し適当にまとめ眼帯 アイパッチ 目隠し適当にまとめ タイツ・ストッキング・ソックス適当にまとめタイツ ストッキング ソックス適当にまとめ

カテゴリ: スクショ加工TIPS

EP4描画設定6実装前に色彩調整用のPhotoshopアクションファイルをいくつか作って公開していたのですが、設定6実装からPSO2の絵作りが大幅に変更されたので、それに合わせて新しいアクションファイルを作ってみました。

まずはその『設定6用色彩調整 東京昼用』適用前後の画像を比較してみてください。

設定6用色彩調整 東京昼用
比較 サンプル
無加工→←設定6用色彩調整 東京昼用を適用
無加工→←設定6用色彩調整 東京昼用を適用
色合いが青基調からパッと明るい印象になったのを確認できると思います。

このサンプルは縮小しいてますので分かりにくいのですが少しだけ“虹彩絞りぼかし(被写界深度)”と“縁に影”を付けています。(下段に拡大できる原寸画像があります)

この色彩調整は一手間だけ必要ですが10秒程度でできてしまいます( ゚д゚)ポカーン

!超重要 最初に簡単な作業が1つだけ必要です。
最初にキャラクターを適当大雑把に構いませんので、なげなわツールなどで選択範囲を作ってください。
キャラクターの選択範囲を作る
これだけですヽ(o゜ω゜o)ノ
後はダウンロードしてPhotoshopに登録した『設定6用色彩調整 東京昼用』アクションを再生するだけ!
『設定6用色彩調整 東京昼用』アクションを再生するだけ

今回使用したスクショの出来上がり確認用の大きな画像です。

比較 サンプル
(設定6用色彩調整 東京昼用を適用比較)   ↓クリックすると大きな画像を表示できます。
設定6用色彩調整-東京昼用を適用比較
PSO2共通の『全体的に青っぽい』とポートレートスクショの『肌色』を中心に調整していますのでわりと汎用性は高くエステ画像などでも使えます。

比較 サンプル
(設定6用色彩調整 東京昼用を適用比較)   ↓クリックすると大きな画像を表示できます。
設定6用色彩調整-東京昼用を適用比較
元画像を一番下のレイヤーに非表示で残しているので、色合いの濃淡が気になる人は出来上がりの透明度を調整してブレンドしたりする事も可能です。

アクションファイルのダウンロード
今後もファイルの追加や更新によりダウンロードファイルも変更しますので、このページのURLリンク(http://kururi-pso.blog.jp/aarchives/66116988.html)以外の、ダウンロードファイルへの直接リンクの転載はやめていただくようお願いします。

Adobe Photoshop CS6 CC用
PSO2設定6用色彩調整 東京昼用
Ver.20160929
◆ファイル名 : PSO2_SS_color_mgt_set4.zip
◆対応 : Adobe Photoshop CS6 CC
◆パッケージ内容
PSO2設定6用色彩調整 東京昼用.atn

[右クリック→リンク先を保存]にて自身のパソコンにダウンロードしてください。
http://kururi-pso.blog.jp/data/PSO2_SS_color_mgt_set4.zip

ツイート用

PSO2は2016年春のアップデートからグラフィック設定6が追加されました。
大幅な階調表現の向上により、よりリアルな描写なキャラクターをスクショに撮れるのは楽しいですね~
印象的なモノクロ写真を作ろう
今回はその豊かな階調表現により、以前は物足りなくてできなかったモノクロ(白黒)写真もかなりイイ感じになったので制作工程をTIPSにしてみました。

モノクロ写真には、カラーだと“ただのエロ(失言)”を、白黒ならではの脳内補完で、“より官能的”な写真に見せてくれたりするモノクロならではの表現力と美しさがあります。

決して、

『そういうスクショをブログに載せてみたかった(ゲスっ)』

からではありません(震え)

下部に今回の手順で作成した『モノクロ×エロ』なスクショを掲載しています。
モノクロならばこういう表現はアリかな?と掲載しましたが、もし、エロ方面を不快に思われる女性の方がおられましたらGalleryより下は閲覧しないようにお願いします。

1.素材写真(スクショ)を準備する。
設定6で撮影したスクショを写真ぽく3:2にしたものです。
印象的なモノクロ写真を作ろう

2.新規調整レイヤー : 白黒 を作り、自動補正 でとりあえずモノクロにします。
印象的なモノクロ写真を作ろう

3.さらに、新規調整レイヤー : レベル補整 を作りコントラストを目視で調整します。
印象的なモノクロ写真を作ろう

4.新規レイヤー を作りノイズをほんの少し加えて(フルHD : 1920x1080のサイズなら6%程度で十分です)、モノクロフィルムの“粗さ”を加える画像を用意します。
印象的なモノクロ写真を作ろう

5.作ったノイズ画像の配置を、オーバーレイ 不透明度 : 75% くらいにします。
印象的なモノクロ写真を作ろう

6.このままでは白と黒の2色ですので、新規調整レイヤー : カラーバランス を追加して、中間値 レッド : +8 、ブルー -7 輝度を保持 で少しだけ 茶色 にします。
印象的なモノクロ写真を作ろう

7.カメラレンズぽさを出すために、こんな感じの枠を黒でぼかした画像を作り、ソフトライト : 40% で配置します。
印象的なモノクロ写真を作ろう

8.さらにアナログらしい白飛びと黒つぶれを表現するために、一番下の背景画像(原画)をコピーして最上段に配置し、レイヤー効果 : グラデーションオーバーレイのグラデーションは標準設定のまま、描画モードをオーバーレイに、比率を120% にして環境ハイライト用の調整レイヤー画像を作ります。
写真の構図と被写体に合わせて“角度”を変えるといいかも。
印象的なモノクロ写真を作ろう

9.1.こちらは環境ハイライト調整レイヤーを 配置していない (非表示)状態。
印象的なモノクロ写真を作ろう

9.2.環境ハイライト調整レイヤーを、色調補整 : 彩度を下げる で白黒にして、ソフトライト 不透明度 : 15% にて表示させて完成です。
印象的なモノクロ写真を作ろう



Gallery
↓クリックすると大きな画像を表示できます。
Photo

↓クリックすると大きな画像を表示できます。
Photo

↓クリックすると大きな画像を表示できます。
Photo

↓クリックすると大きな画像を表示できます。
Photo

PS4®サービス開始とPC版画質設定6の実装まであと数日!
フルHDサイズ(1920×1080)で綺麗なスクショを撮れる日がやってくるということで楽しみですねヽ(o゜ω゜o)ノ

そんなわけで「どうせその日より前のスクショは使わなくなるしな~」とスクショを撮る気ダウン気味につきブログ更新もサボっています><;

今日はなんていうか、画質設定5で最近撮って気に入ったスクショをお蔵入りになる前に加工してみようと思います。

今日の日記はPSO2とは無関係のPhotoshopチュートリアルです。長いよ( ゚д゚)ポカーン

ボツにするには惜しいお気に入りスクショはコレ。

【 元画像 】 ↓クリックするとフルHD1920×1080の大きなスクショを見れます。 
Photoshopチュートリアル資料画像
まずは、これの色調と彩度や明るさを調節します。

ちなみに画像処理関連を長く仕事としてやっていますが、色調補整作業は“調整”で、”加工”とは言いません。
普通に一連の他の写真や紙面に写真の雰囲気や明るさを合わせることは極当たり前で、

「少し影がきついから合わせておいて~」←調整
「すごく表情いいんだけど水着から少し見えてるんで消しておいて~」←加工

ハイ、違いは、“お金になる”のが“加工”で、色調補整は”下準備的な調整作業”です(大人感)

そんな上のスクショを調整した掲載用スクショはコチラ。

【 色調補整済み画像 】 ↓クリックするとフルHD1920×1080の大きなスクショを見れます。
Photoshopチュートリアル資料画像

で、

ここまでならいつもの適当日記なので、今日は、このスクショを“仕事でやるのであれば追加料金発生()”の雰囲気あるスクショへ加工してみようと思います。

お題『雨の街中ショットへ加工しよう』

まずはキャラをくりぬきます。
Photoshopチュートリアル資料画像

背景をコピーして、【キャラのみ】【背景コピー】【背景】の順にレイヤーを並べ、【背景コピー】【ぼかし→(ガウス)】を2.0~3.0ピクセルでかけます。
Photoshopチュートリアル資料画像

そのぼかした【背景コピー】に、更に眼球の錯覚を利用した“ぼかし”をかけてリアル写真っぽくします。【フィルター→ぼかし→虹彩絞りぼかし】をキャラ中心に選択し、10~20ピクセルで調節しますが、これはその名のとおり、目で見ながら自然に感じるように調節します。
Photoshopチュートリアル資料画像

後で利用するために【キャラのみ】レイヤーのコピーを2つ、【キャラのみ2】【キャラのみ3】を作り、雨を作るために【新規レイヤー】を一番上に作ります。
Photoshopチュートリアル資料画像

【新規レイヤー】【フィルター→描画→ファイバー】で変化50~強さ10~で適当にそれっぽいノイズを描きます。
Photoshopチュートリアル資料画像

出来上がった何となくなノイズを【彩度を下げる】て白黒にして【明るさ】や【ぼかし→移動】など自分がやりやすい方法でこんな感じにします。
Photoshopチュートリアル資料画像

さらに【イメージ→色調補整→レベル補整】で80~170程度に絞り込んで雨っぽくします。
2度~10度ほど少し回転させたりもします。
Photoshopチュートリアル資料画像

【イメージ→色調補整→階調の反転】で白黒反転させます。これで【遠い雨】の完成です。
Photoshopチュートリアル資料画像

出来上がった【新規レイヤー(遠い雨)】【スクリーンモード】にして透明度を30~40%で調節します。
さらに【キャラ以外の選択範囲を適当に作ります】
Photoshopチュートリアル資料画像

そのまま【新規レイヤー(遠い雨)】マスクにします。
キャラの前面の【遠い雨】を消したのは、【近い雨】も作って“より”それっぽく見せるためです。
Photoshopチュートリアル資料画像

ここでフリーライセンスな素材サイト様などから雨の写真を借りてきます。
Photoshopチュートリアル資料画像
今回、素材をお借りしたのはGATAG|フリー画像・写真素材集 4.0(http://free-photos.gatag.net/)です。

【新規レイヤー】を作り、その素材を貼りつけて、【フィルター→ぼかし(移動)】など自分のやりやすい方法で先ほど作った【遠い雨】より隙間も荒くて大き目の【近い雨】を作ります。
Photoshopチュートリアル資料画像

【新規レイヤー(近い雨)】【覆い焼きカラー】モードにします。
これで下の【新規レイヤー(遠い雨)】と重なって複雑な光の反射を演出します。
Photoshopチュートリアル資料画像

このままではキャラの明るい部分に光を落とし過ぎるので、消しゴムで適当にキャラの上の邪魔な雨を消していきます。
Photoshopチュートリアル資料画像

上の方で作った【キャラのみ2】を選択範囲を調節して“明るさ”を落とし、背景と馴染ませるための【キャラの周り(内側)の影】を作り透明度を調節します。
Photoshopチュートリアル資料画像

同じく【キャラのみ3】を“ぼかし”などで広げて明るすぎる部分を適当に消してキャラより少し外側までの反射光を作り、【ハードライト】モードで透明度20%程度にします。
Photoshopチュートリアル資料画像

全ての画像を表示させてて出来上がったのがコチラ。

【 雨の街にて 】 ↓クリックするとフルHD1920×1080の大きなスクショを見れます。 
ココロモチ、PSO2 ぎゅうにゅうたん
ぎゅうにゅうたん「撮影は晴れててスムーズでしたぁ(ゲスっ)」

こういうのってやり方は職場や付き合いのある制作会社などの影響で人それぞれです。

そして、写真の昼夜明暗などから方法もプリセット化されたものは無く、多くの経験を積むしかないのですが、最近のレタッチソフトはその経験の部分を賢く手伝ってくれるので「難しそう」と思わずに色々とチャレンジしてみてくださいヽ(o゜ω゜o)ノ


え、


ここまで読んじゃったの?


(; ・`д・´)


写真やイラストを扱う仕事って楽しそうでしょ?
中の人はこういった画像処理は仕事としても好きですが趣味としても好きな作業の一つです。


ハイ、


第2部です()

慣れてくるとWeb用イメージの補正や加工作業は解像度が低くてパソコンもサクサク動くので上の感じなら30分程度です。
そうやって培った経験を元にこんな加工もできたりします(悪い見本)

【 元画像 】 ↓クリックするとフルHD1920×1080の大きなスクショを見れます。 
Photoshopチュートリアル資料画像

塗るやろ?ぼかすやろ?(; ・`д・´)
Photoshopチュートリアル資料画像

塗るやろ?(指ぷる)
Photoshopチュートリアル資料画像

上の雨を降らすを応用するやろ?(吐血)

【 ガラス越し・・・アッー 】 ↓クリックするとフルHD1920×1080の大きなスクショを見れます。
Photoshopチュートリアル資料画像
今回はPSO2の記事じゃないんだよ。
Photoshopチュートリアルだよ。

いいね?(; ・`д・´)

【2015年10月13日追加】
この記事は画質設定5時(2015.APR頃迄)の内容です。
春に「スクショを簡単に綺麗にするPhotoshopアクションファイルを作ってみた(http://kururi-pso.blog.jp/archives/27381419.html)」というPhotoshop用の色調整アクションファイルの配布記事を見てくれる人がわりといて、アクションファイルのダウンロードもボチボチとあるので調子に乗って追加です。

↓サンプル : HDR画質化明るいスクショ用を適用したスクショ
サンプル : HDR画質化明るいスクショ用を適用したスクショ

今回はHDR画質化アクションファイルです。
そもそもHDRとは、

ハイダイナミックレンジ合成(high dynamic range imaging)
出展 : Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/ハイダイナミックレンジ合成

の事で、最新のカメラレンズや撮影用チップをもってしてもコントラスト(明暗)比2,000:1程度での撮影が限界で、さらに最新の液晶モニターでもその表現は1,000:1程度という最近ですが、実際の目の前にあるリアルは軽く100,000:1を超える階調なので、フィルムからデジタルにおける“写真”はその階調表現を“どうやって目を誤魔化すか”は重要な技術とノウハウの一つとなっています。

Hdr-composition →画像はWikipediaから。HDR画質化各階調の画像を調節する
つまり、最近よく言われているHDR画質化というのは1,000:1の表現力しかを持っていないモニターでも、あたかもリアルで見ているような鮮やかな色彩を錯覚させる絵作りということなんです。

ハイ、

難しいハナシはココまでで、そのHDR画質化を手軽にできればいいなと思いまして、ゲームプレイスクリーンショット用ですが、明るいスクショ用と暗いスクショ用の2種を用意してみました。


PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット3
暗いスクショ用を比較 サンプル1
無加工→←暗いスクショ用を適用
無加工→←暗いスクショ用を適用

なお、過度な色付けは好きではないので「なるだけ自然に~」程度に調整しています。

暗いスクショ用を比較 サンプル2
無加工→←暗いスクショ用を適用
無加工→←暗いスクショ用を適用
なお、過度な色付けは好きではないので「なるだけ自然に~」程度に調整しています。
暗いスクショと明るいスクショで無理に1つのアクションでやると出来が悪くなりますので調整して2つに分けています。

写真の内容は比較用のための色彩サンプルで、個人の趣味ではありません()

PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット3
明るいスクショ用を比較 サンプル1
無加工→←明るいスクショ用を適用
無加工→←明るいスクショ用を適用

明るいスクショ用を比較 サンプル2
無加工→←明るいスクショ用を適用
無加工→←明るいスクショ用を適用
単純にコントラストを調整するのではなく、視覚に影響を与えやすい色を調節して鮮やかに見せるのがHDR画質化のコツです。
前回のカラー調整版と違ってコチラはアウトラインを追加するので画質をシャープにします。
一番下のレイヤーに元画像を残していますので、透明度変更にてブレンドしたりして画質を調整すれば色んな明るさに対応できると思います。

アクションファイルのダウンロード
今後もファイルの追加や更新によりダウンロードファイルも変更しますので、このページのURLリンク(http://kururi-pso.blog.jp/archives/45250670.html)以外の、ダウンロードファイルへの直接リンクの転載はやめていただくようお願いします。

Adobe Photoshop CS6 CC用
PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット3
Ver.20151013
◆ファイル名 : PSO2スクショ色調整セット3.atn
◆対応 : Adobe Photoshop CS6 CC
◆パッケージ内容
HDR画質化明るいスクショ用
HDR画質化暗いスクショ用

[右クリック→リンク先を保存]にて自身のパソコンにダウンロードしてください。
http://kururi-pso.blog.jp/data/PSO2_SS_color_mgt_set3.zip


PSO2のゲーム画面はかなり明るくコントラストは高めな方ですが、やはり動画用なので明るさや彩度はかなり落とした画質に調整されていたりして、1枚の写真として見ると少し物足りなかったりです。
写真として1枚に残していくのなら綺麗な方がいいよねヽ(o゜ω゜o)ノ

シーンごとの色調整のみでスクショを綺麗にするセット1と2はコチラ↓

スクショを簡単に綺麗にするアクションファイルを作ってみたスクショを簡単に綺麗にするPhotoshopアクションファイルを作ってみた
http://kururi-pso.blog.jp/archives/27381419.html


【2015年4月25日追加更新】
この記事は画質設定5時(2015.APR頃迄)の内容です。

追加分 → PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット2 [ULTリリーパ用][チャレンジロビー用][EP3ゲートエリア用]
今回は色の変化具合を確認するために(本当だって)、判断し易いと思われるカットを使用しています。これは教材でチラリスクショではございません(強調)

以前に書いた通り、このブログの“今日のコスチュームの一枚”は、Macと映画などの映像調整をするためのハードウェアを使っていたりします。

大人の道具()を使ったスクショを比較
ハード介入無し無加工→←Macにてハードウェアアクセラレーション撮影
スクショハード介入無し無加工スクショMacにてハードウェアアクセラレーション撮影

ただし、それを使用中はキャラクターをスムーズに動かすことは無理なくらい重くて、文章中に差し込むゲームプレイのスクショ撮りにはとても使えません。
そういうときは素直にAdobe Photoshopにて明るさくらいですが調整しています。

少しリアル話も絡めますと、写真の補整については下積み時代()に、幸運にも誰もが知っている国内外のアーティストや俳優のポスターやアー写を数百枚以上仕事でやらせてもらいました。
そんな経験から画質調整作業は嫌いではありませんが、仕事と趣味は脳が別でして・・・ブログのためにそういう作業をするのはメンドクサイです()


そんなわけで、ブログ用にある程度スクショの明るさと画質調整をテンプレートできないものかと、色々と試行錯誤しつつ、Photoshop(CCにて制作、CS6まで動作確認済み)のアクションファイルにしてみました。

!超重要 最初に簡単な作業が1つだけ必要です。
最初にキャラクターの顔だけを適当大雑把に構いませんので、なげなわツールなどで選択範囲を作ってください。
アクションファイル手順1
あとはダウンロードしてPhotoshopに取り込んだアクションを再生するだけ!



PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット1
【暗いスクショ用】
マイルームで撮った暗いスクショなら【暗いスクショ用】を再生します。
アクションファイル手順3
元画像は一番下のレイヤーに残っています。
ワンクリックでこんな感じ↓になります。

アクション適用前後を比較
【暗いスクショ用】は肌色の彩度が低いキャラクターの肌を濃くし全体を鮮やかにします。
無加工の暗いスクショ→←【暗いスクショ用】を適用
無加工の暗いスクショアクション【暗いスクショ用】を適用



PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット1
【明るいスクショ用】
マイルームで撮った明るいスクショなら【明るいスクショ用】を再生します。
アクションファイル手順2

アクション適用前後を比較
【明るいスクショ用】は彩度が高いキャラクターの色彩を落ち着かせ、全体的にコントラストを上げて背景に馴染ませます。
無加工の明るいスクショ→←【明るいスクショ用】を適用
無加工の明るいスクショアクション【明るいスクショ用】を適用



PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット1
【カジノ用】
カジノで撮ったスクショなら【カジノ用】を再生します。
アクション適用前後を比較
【カジノ用]はカジノで撮ったスクショに合わせてやや赤みがかった色彩と明るさを調節します。
無加工のスクショ→←【カジノ用】を適用
無加工のカジノで撮ったスクショアクション【カジノ用】を適用



!超重要 最初に簡単な作業が1つだけ必要です。
最初にキャラクターの顔だけを適当大雑把に構いませんので、なげなわツールなどで選択範囲を作ってください。
アクションファイル手順1
あとはダウンロードしてPhotoshopに取り込んだアクションを再生するだけ!

PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット2
【ULTリリーパ用】
ULTリリーパで撮ったスクショなら【ULTリリーパ用】を再生します。
アクション適用前後を比較
【ULTリリーパ用]は彩度が低目の白っぽくなりがちな特に肌の色を豊かにします。青っぽいスクショ以外なら他のシーンでも使える汎用性の高いアクションにしています。
無加工のスクショ→←【ULTリリーパ用】を適用
無加工のULTリリーパで撮ったスクショアクション【ULTリリーパ用】を適用



PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット2
【チャレンジロビー用】
チャレンジロビーで撮ったスクショなら【チャレンジロビー用】を再生します。
アクション適用前後を比較
【チャレンジロビー用]は色彩は綺麗なのに暗くなりがちな全体を自然に明るくします。
無加工のスクショ→←【チャレンジロビー用】を適用
無加工のチャレンジロビーで撮ったスクショアクション【チャレンジロビー用】を適用



PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット2
【EP3ゲートエリア用】
EP3ゲートエリアで撮ったスクショなら【EP3ゲートエリア用】を再生します。
アクション適用前後を比較
【EP3ゲートエリア用]はグリーンとブルーが強いロビー光源を抑え肌に赤味を足して明るさを調整します。
無加工のスクショ→←【EP3ゲートエリア用】を適用
無加工のチャレンジロビーで撮ったスクショアクション【チャレンジロビー用】を適用



元画像を一番下のレイヤーに残していますので、色彩を濃く感じる場合は色調整したレイヤーの透明度を変更するなどで調節してみてください。
アクションファイルのダウンロード
今後もナベリウスのグリーンな空間向けなどをテンプレート化でき次第、このページに追加しようと思っていますので、その都度、ファイルを更新する予定です。
ファイル更新によりダウンロードファイルも変更しますので、このページのURLリンク(http://kururi-pso.blog.jp/archives/27381419.html)以外の、ダウンロードファイルへの直接リンクの転載はやめていただくようお願いします。

Adobe Photoshop CS6 CC用

NEW!
PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット2
Ver.20150425
◆ファイル名 : PSO2スクショ色調整セット2.atn
◆対応 : Adobe Photoshop CS6 CC
◆パッケージ内容
ULTリリーパで撮ったスクショ用
チャレンジロビーで撮ったスクショ用
EP3ゲートエリアで撮ったスクショ用

[右クリック→リンク先を保存]にて自身のパソコンにダウンロードしてください。
http://kururi-pso.blog.jp/data/PSO2_SS_color_mgt_set2.zip



↓更新はありません
PSO2スクリーンショットの色調整アクション セット1
Ver.20150415
◆ファイル名 : PSO2スクショ色調整セット1.atn
◆対応 : Adobe Photoshop CS6 CC
◆パッケージ内容
マイルームで撮った明るいスクショ用
マイルームで撮った暗いスクショ用
カジノで撮ったスクショ用

[右クリック→リンク先を保存]にて自身のパソコンにダウンロードしてください。
http://kururi-pso.blog.jp/data/PSO2_SS_color_mgt_set1.zip

ツイート用

それぞれの想いで作ったキャラクターは人それぞれに可愛いと思います。
そんな愛着あるキャラクターのスクショなら、どうせなら綺麗にしてブログに掲載したいですよね~

こんなブログでも、だ、誰かの役にたったかな?(; ・`д・´)

↑このページのトップヘ